タンクのフタをはずして中を見て下さい。手洗管つきのものはフタを持ち上げてからポールタップと接続しているホースを抜いてフタをはずします。構造図を見ながら次のように原因を探して下さい。
原因を見つけたら、修理前に止水栓を閉じて、タンク内の鎖を上に引き、タンクの水を抜いておくと作業が楽です。 修理後は止水栓を開いて下さい。


■タンクの中に水がある場合
■タンクの中に水がない場合
ゴムフロートの鎖がはずれるか切れるかして、ゴムフロートが上がらない可能性があります。その場合鎖をかけ直すor鎖を取り替えましょう。

★鎖は1〜2玉たるむ位に取付けます。

◎浮玉が壁にひっかかって下がらないなら、浮玉 のアームが曲がったり長すぎたりというのが原因です。正しく取付け、上下にスムーズに動くようにしましょう。

◎ポールタップの故障で弁が開かない場合、ポールタップ弁を取り出し汚れを落としましょう。それでも治らないならポールタップごと交換する必要があります。

トイレロータンクの構造としくみ


サイトマップ