管路調査−業務概要−
地中に埋設されている管路について、非掘削により調査します。
地上からの機器走査に加え、関係するマンホール等への入坑による実際的な調査を行います。


管路調査利点

■掘削作業の安全対策
管路の位置を事前に把握することにより、掘削作業時の想定外の事故抑止と共に、
作業効率の面でも効果的です


■掘削費用
総工費のコストダウンは余分な掘削費用を抑える事が重要です。
埋設管の導管敷設にかかる費用の大部分は路面掘削・復旧費が占めます。






■お打ち合わせ
調査地に関する図資料がございましたらご用意下さい。
使用機器・調査工法検討の為、現場状況を確認致します。



■調査対象
地中埋設の各種パイプライン対象の調査となります。

・水道管、排水等、ガス管、電力ケーブル等、電気的な導通性を帯びる管。
・樹脂管(※φ50未満の小口径の樹脂管は検出が困難になる場合が有ります)。
・光ケーブルは非電気的導通性材質の場合、探知不可となります。

■調査形態
人員は調査技師 と調査員・補助の2〜3名程度で行われます。
交通事情に応じて、交通整理員の手配をお願い致します。


■調査工法
金属管・ケーブル等の電気的導通性を帯びる管系統は電磁誘導法による調査を行います。
樹脂管・CP管などの非導通性の管系統は地中レーダ法主体による調査を行います。

※起点となる共同溝や人孔などが有る場合
マンホール内部からの確認結果と地上からの機器走査結果を照合し、精度的な調査を目指します。


■走査面
起伏が激しい場所、調査機器の取り回しが出来ない様な狭い場所、
調査員の立ち入りが出来ない場所では調査不可となります。



調査事例

管路調査(電磁誘導法による)映像
※管路調査映像

施設更新工事に伴い、水道管の管路について電磁誘導法により調査しました。

関連ページ

電磁誘導法とは

地中レーダによる管影表現
よくあるお問合せ ■報告書サンプル(PDF)





ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ TEL047-407-8872 FAX047-407-8873
メールによるお問い合わせ


調査業務 / お問い合せ / サイトマップ / ポリシー
Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.