Q、調査が可能な対象は?
Q、検出が困難な埋設管は?
Q、管路調査の形態

Q、調査可能な深度について

Q、条数や材質の識別は可能ですか?
Q、設備関係の図面がなくても調査可能ですか?




Q、調査に適さない面状
Q、調査に適さない立地環境
Q、調査地における障害要素

Q、調査に伴う周辺への影響
Q、調査当日の天候(雨天)




Q、走査半径について
Q、安全対策について
Q、防爆仕様について

Q、調査の結果はいつ頃出ますか?





Q、対応地域
Q、 調査員(人工)のみ派遣してほしい
Q、機器販売・レンタ ルについて


Q、相談や調査のご依頼




Q、調査可能な対象は?

■埋設管一般です。
水道・電気、通信・ガス・排水など。

 
Q、検出が困難な埋設管は?

■非電気的導通性のケーブルなど
・光ケーブル(通常の動力線やメタル通信線などは調査可能です)

■小口径の水道管など
・樹脂性の小口径(φ50程度以下は検出が困難な場足があります)

 
Q、管路調査の形態

地中レーダ探査装置、金属管・ケーブル探知器を用いた非掘削調査となります。管路調査では探査器走査のほか収容箱・マンホール内の目視計測、図面の照合作業が加わります。
参考となる図資料をお持ちの場合はご用意下さい。

 
Q、調査可能な深度について

表面や地下の構造によって異なります。深照可能な深度は、最大地下約3M程度です。
 
Q、条数や材質の識別は可能ですか?

■ケーブルの条数など
調査機器単体での識別は不可です。一次側及び二次側ケーブルマンホール側にて目視計測によります。

■材質の識別
金属・非金属の識別は可能です。
図面照合が可能な場合を除き、材質の識別は不可です。


 
Q、設備関係の図面がなくても調査可能ですか?

埋設位置については調査可能ですが、どの系統であるかの判断は不可な場合があります。調査機器の反応がキュービクルなどの収容設備まで連続して認められる場合は、当該系統として判断します。

Q、調査に適さない面状

■機器走査や調査員の立ち入りが困難な場所
・植栽や草木が茂る場所。
・岩場など起伏が激しい地形。
・資材が密集しておかれている倉庫内、撤去材や砕石等が散乱する工事現場など。
・土間下など動線の確保が困難な箇所。

 
Q、調査に適さない立地環境

■電磁波の減衰が予想される環境での調査は適しません。
・池や沼地などのみず場
・地下水位が高い場所
・積雪状態の場所
・電波干渉が強いアンテナ塔の付近

Q、調査地における障害要素

■調査上の代表的な障害要素として高密度物質があります。金属板などは電磁波を遮断する為、それより深い深度の深照は不可となります。
・高厚コンクリート面
・建設作業場など車路面に敷かれた鋼板。
・対垂直荷重の為に地中に埋設された鋼板など。


Q、調査に伴う周辺への影響

人体や近隣への干渉はほとんど有りません。
通信施設や病院敷地内の調査においても問題有りません。
 
Q、調査地当日の天候

・屋外の調査の場合、雨天は原則として作業不可となります。

Q、走査半径について
■地中レーダ
レーダアンテナは、レーダ機本体の中心部(外寸から50センチ内側)に設けられています。
壁や柱が位置する場合、それらの境界から50センチ程度離れた位置までが走査対象となります。
足場ベース周り、仮囲い基礎周辺などでは作業が制約されます。

■電磁誘導
人的踏査が可能な場所であれば走査可能です。


Q、安全対策について

車両、人の往来が多い場所での調査については、誘導員の手配をお願い致します。交差点横断の場合、信号器の切り替わる短い時間内での走査は困難です。

Q、防爆仕様について

機材は非防爆仕様となります。作業制限が伴う特殊な工場内での作業などは、事前にご確認ください。

Q、調査結果はいつ頃出ますか?

調査当日の作業終了時に現地の埋設面にマーキングします。後日、結果図及び解析図等を机上作業にて作成し報告書をお送り致します。報告書の作成には1週間程度頂いておりますが、至急ご入用の場合はご相談下さい。

Q、対応地域

主な対ご応地域は関東近県となります(千葉、東京、茨城、埼玉、神奈川、栃木など)。

Q、調査員(人工)のみ派遣してほしい

機材を伴わず、調査員のみを提供する人材派遣の形態は行っておりません。

Q、機器販売・レンタルについて

調査機材について販売・レンタルは行っておりません。

Q、相談や調査のご依頼

お電話(047−407−8872)
ファックス(047−407−8873)

ご参考−お問合せFAXフォーム 
にてお受しております。


お問い合わせの際に、下記内容をお伝え頂ければ幸いです(把握されている範囲で結構です)。
御見積りをご希望される場合、現地の地形・距離が分かる資料をお願い申し上げます(凡そのフリーハンド図でも結構です。)

■調査対象について
(参考図面の有無、予想される埋設管の種類、キュービクルやマンホールなどの配置・収容状況など)

■調査範囲の状況について
(敷地内、さら地、工事箇所、路上 など)

■地上面の状況
(土面、草地、コンクリート、アスファルト、インターロッキング など)

■干渉要素
(すぐ脇に鉄道が走っている、水辺や海岸線 など磁気干渉が考えられるものについて)

■調査地の場所
(市町村迄でも結構です)

■調査時に懸念される事項、作業への要望
(交通量が多い、夜間作業、マンホールの開蓋が不可、過去工事による途中区間からの管種変更の履歴など)




調査業務 / お問い合せ / サイトマップ / ポリシー
Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.