■消火栓配管の漏水調査例(抜粋)。
 
 1.
配管位置の確認(送信器)
金属管の位置は磁気探査により調査します(電磁誘導法)。

PSへ収容されている消火配管に送信器を敷設します。
 2.
配管位置の確認(受信器)

埋設面上から受信器を用いて磁界強度を計測します。

送信器から発せられた磁界は、配管を伝播する性質を帯びます。この磁界強度を計測することで配管の位置を検知します。
3.
機器による測定

ポンプ起動と共に漏水箇所から生じる噴射音が放水口に伝播していないかを測定します。

 4.

人為により音聴
金属管種は材質特性上、機械室の操業音やPS内で生じる共鳴などノイズを伝播させます。

調査員の聴覚による疑似音の判別を行います。調査の支障となる干渉要素を判断します。
 5.
機器による漏水検知
屋内、屋外の各放水口を測点として、管路情報を入力し噴射音の発現地点を求めます。


 6.
穿孔による検証
漏水検知された地点は、屋外の立ち上がり付近でした。ボーリングバーによる穿孔を行い、地下の状況を確認します。

穿孔口ヶ所から漏水箇所特有のノイズと共に湧水が確認できます。


近年、消火配管は地域により非金属管も用いられるようになりましたが、管種を問わず調査可能です。


Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.