漏水調査事例 プール循環配管における漏水調査

 1. 状況
プール槽内の水位が低下している事が分かります。

水位状況により、循環配管による漏水か槽内防水面の亀裂による漏水であるか概ね判別できます。

例えば、吸込口の下場で水位の低下が落ち着く様なら、機械室への吸込(還水)系統で漏水が生じてると推測できます。
 2.
地下探査機による調査

漏水箇所、並びにそれに起因して生じた空洞、埋設土の弛みなどの異状な反射表現を電磁波で捕捉します。

プールサイドの構造特性上、雨水など自然水量の滞留影響が少ない為、探査機の走査には好条件です。
3.
漏水検知位置

調査によって判明した漏水位置の掘削状況です。
地下探査技術により漏水位置、並びに配管埋設位置共に適切に検出されています。

復旧に必要な開削範囲も極めて限定される為、プールの早期復旧につなげられます。




近年、プール配管の漏水修繕に多大な費用がかかるという事から、プール運営を取りやめざるおえないという事象が全国化しています。これは従来の調査技術では漏水箇所の特定が困難である事が主な要因であり、毎夏にプールを楽しみにしている子供たち、地域の方々にとっても切実な問題です。
弊社では学校やスポーツ施設などプール配管の漏水調査においても多数の実績を収めており、ご依頼頂いた案件においてほぼ100%解決に至っております。弊社探査技術は極めて高精度に漏水位置を特定する為、漏水箇所の部分修繕が可能となり、復旧工期及び修繕費の大幅な低減化につなげられます。
社員一同、地下探査技術を通じご協力させて頂きたいと思っておりますので、是非ご相談下さい。


Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.