配管長300M、工業施設内の消火配管に対して漏水調査を行いました。

調査によって検知された漏水位置について掘削した時の模様です。


 1.
重機による掘削

調査によって検知された漏水位置を掘削している状況です。配管埋設深度が深い為、重機を使用しています。
 2.
人為による掘削


一定深度まで重機による掘削を行った後、安全対策として人為による手掘削に切り替えます。
3.
掘削状況


消火配管の下場(スコップの先端付近)から漏水起因と考えられる水量の滞留が現れはじめました。

事前に実施した管路調査によって消火配管の位置及び深度は探知されています(掘削結果から極めて正確に探知されている事が分かります)。
4.
漏水部位


GL-2.0m、消火配管の管底面から極めて微量な漏水が生じ、水溜りになっています。

調査によって示された漏水位置のほぼ鉛直下で漏水しており、調査精度が極めて高い事が分かります。





微量な漏水や深い配管の漏水は、一般的な音聴調査やガス調査では検知困難な場合が多いのが特徴です。

配管長が長く、かつ微量な漏水に対しても、弊社では極めて高精度に漏水位置の検出を行っております。



Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.