漏水調査工法トップページ
漏水調査工法

漏水調査方法
測定方法や技術的用語についてご説明します。

漏水調査工法-弁栓音聴
弁栓音聴
作業方式
弁栓音聴と呼ばれ、簡易に実施出来る調査法です。
水道管用の音聴棒を弁栓へ接触させ、配管欠損口(漏水箇所)から発生する異状音(漏水音)を聞き取ります。


特性
弁栓を通じて聞こえる音質から、漏水地点が弁栓の近く(又は遠く)といった距離的な推測を行う事を主な目的としているものです。
聴覚主体による作業の為、調査員の技量が関係します。


考察
<音聴棒(聴診棒)>
1〜2m前後の専用の金属製の探知棒です。

<弁栓部における漏水音>
配管欠損口(漏水箇所)付近では漏水した水量が周囲の埋設土を削り取る等の現象により異状な可聴音(漏水音)が発せられます。これら異状音は水中や配管材質を伝播し、付近の仕切弁や消火栓、給水栓等へ減衰を伴いつつ到達します。
実際の現場では、漏水音の他に様々な音源(機械設備の稼働音、雑踏音、交通騒音、排水流下音など)が共鳴や共振となって作用している為、現場環境に応じた適切な判断が重要となります。


漏水調査工法-路面音聴

路面音聴
作業方式
路面音聴とよばれる、一般的な調査方法です。
管が埋設されている地上面に対し調査機器をあてがい、漏水箇所から地上へ伝播する異状音(漏水音)を聞き取ります。

特性
調査上の障害要素として、雑踏音や他企業管の流下音などがあげられます。
夜間など最低使用流量時など比較的流量が安定し、ノイズが少ない状態での実施が望ましいと言えます。
聴覚主体による作業の為、調査員の技量が関係します。

考察
<漏水音>
漏水に伴い物質間の摩擦から派生する異状な可聴音を意味します。ピンホールから発せられる「サッサー..」というささやく様な音、大口径管なら「ゴォー」と路面全体に響き渡る音など多様であり、流水音・水勢音・衝撃音等があげられます(300〜2000Hz程度)。
<最大感度点>
漏水音が最も高く観測された地点を意味し、理論的には最大感度点=漏水位置直上と定義できます。
<漏水検知時の帯域の目安(弊社実地データ)>
・給水などの小口径樹脂管(HIVP20φ程度 300Hz)
・消火配管などの金属管(50A程度 600Hz)
・送水管などの大口径管(800Hz〜)

実際の現場では、漏水音の他に様々な音源(機械設備の稼働音、雑踏音、交通騒音、排水流下音など)が共鳴や共振となって作用している為、「音」だけの判断では誤診を招く可能性を伴います。磁気探査等により管路や地下構造の把握を行うと共に、現場環境に応じた適切な判断が重要となります。
弊社では各現場においてサンプリングを行い、調査員の技術品質の向上及び維持に勤めています。


漏水調査工法-電子音聴

電子音聴
作業方式
電装化された感振棒を用い、デジタル式による音圧測定並びに聴音を行います
実際の作業では埋設面よりボーリングを行い、感振部を地中へ貫入し計測します。


特性
きわめて感度に優れる為、弁栓部及び伝播効率が低い状況下での測定に有効です。



考察
土中貫入における測定は精度的な調査が可能になると共に、地上の機械音や雑踏音の干渉を受けにくい点でも有効な方法です。



漏水調査工法-相関法

相関演算例
作業方式
相関法とよばれる機械演算主体の調査方式です。
バルブなどの配管上に複数のピックアプセンサーを設け、各センサー間に帰着する異状音の返り時間差から演算を行う事により、異状音の発生地点について距離表現を行います。

特性
人孔内など弁栓部での作業が主となり、地上での走査作業は不要です。
配管長、口径、配管材質など厳正な管路情報が必須となります。


考察
実際の現場では機械音や他企業管の流下音なども存在している場合が珍しくありません。相関式は比較的簡易に実施可能であるものの、測定環境によって演算精度は干渉を受けます。配管屈曲部の乱流や、車や飛行機が発する騒音も影響を与える場合があり、演算結果を元に総合的視点に立った判断が必要です。


漏水調査工法-

漏水調査工法作業方式
従来の調査方式では漏水箇所より生じる高周波帯域を捕捉対象としていますが、当工法では低周波帯域が捕捉対象となります。

特性

・漏水の大小に関わらず検知精度の高い調査方式です。
・樹脂管など音の伝播性が低い管の漏水にも対応しています。
・埋設深度の深い配管の漏水にも対応しています。
・対加重コンクリート面など高密面での走査も可能です。




考察

・ガス調査では対応困難なコンクリート面やタイル面、防水面等の調査においても効果的です。
・「低周波法」は(有)ルーテンが独自に開発した特許技術です(他調査会社では運用していません)。
・官公庁施設内配管調査や水道局大口径管調査など高評価を受け認可採用されています。


漏水調査工法-ガス探査

ガス探査工法作業方式
ガス探査(トレーサーガス式)は配管内部へガス(ヘリウムなどの軽量化工ガス)を充填し、漏水箇所より漏れたガスが地上へ浮き上がるタイミングを捕捉するものです。

ガスと溶解する性質がある為、調査時は管内の水抜きを行いドライ状態にします。

特性
音波を捕捉主体とした調査方式とは異なる為、建設途中現場など高騒音環境下において有効な工法です。
調査条件によって精度が左右される為、天候、表層面の密度、地下の密圧などを踏まえ慎重な測定を行います。




考察

・微量な漏水については探知が難しい場合があります。
・コンクリート面やタイル面、防水面など表層密度が厚い埋設面下の配管は探知が難しくなります。
・深い配管や地下水位より下層の配管については探知が難しくなります。

・ガスは浮遊拡散性を帯びている為、調査環境によって実際の漏水位置と差異が生じる場合があります。
・ガスの浮遊を促す為のボーリング穿孔を行います(ボーリングによる埋設物破断事故防止のため、埋設物に関係する図面のご提供をお願い致します)。


漏水調査工法-地中レーダ法

地中レーダ法
作業方式
レーダ画像をもとに配管の異状箇所について診断を行う技術です。反射表現は通常の埋設物探査とは異質となり、専門技師による解析のもと漏水による反射表現及び二次派生する空洞の確認を行います。


特性
送水管、基地など規模的漏水の調査に有効です。
→南房総広域水道企業団導水管



考察
<管路の保守対策>
過去と現在データとのモニタリングを行うことで、路面下の変状を診断する事が可能となります。




漏水調査工法-貫入試験

簡易貫入試験
作業方式
機器走査の結果、埋設管から異状と思われる反応が得られた地点については、貫入試験による地下状況の検証を行います。官公庁基準における調査業務では「確認調査」と呼称されています


実際の作業としては、異状反応が得られた埋設面に対し、コアドリルで小指程度の小さな穴(直径約10〜15mm程度)を穿孔します。その後、穿孔口へ探査機器を貫入し、地下状況の確認を行います。


考察
配管破損箇所付近の地下では、噴出した水量影響により、噴射音、水量滞留、遊離残留塩素、土圧低下などの現象が確認出来ます。

貫入試験に際しては、近接する埋設管への穿孔事故防止の為、磁気探査等による管路確認を行います。
尚、弊社では高精度に配管異状箇所を検出しますので、簡易貫通入試験の実施箇所は概ね2〜3箇所程度です。作業終了後はモルタル充填による補修を行います。




作業フロー


調査作業の流れについて。
設備に詳しくない場合でもご心配は有りません。ご不明な点はお気兼ねなくお問い合わせ下さい。

立案 お打合わせ  
現地状況を把握、調査方法を検討します。

・漏水状況
・配管敷設状況(図面参照)
・施設状況
・安全対策

調査作業 管路の確認  
探査装置を用い管路を確認します。

地中レーダ法
電磁誘導法
音波深照
  

漏水位置の局所検出
探査機器による走査を行い、漏水反応地点をピックアップします。

■一般工法
弁栓音聴、路面音聴
、電子音聴

相関法
トレーサーガス探査


■特殊工法
低周波法

■その他工法
地中レーダ法

調査結果の検証
 
異状反応が得られた地点にて、直径約10〜15mm程度の小さな穴を穿孔。漏水位置として正しいかを検証します。


貫入試験
電子音聴
塩素反応試験

・ファイバースコープ調査

結果
調査結果のご報告

・漏水検知位置(開削指標)のマーキング
・調査測線図、漏水箇所図、作業写真など報告資料の作成




その他
漏水修理工事

・弊社は水道局指定を受けております。
お客様のご要望に応じて復旧工事もお受けしています。修繕規模・所在地によりご相談下さい。




ご不明な点がございましたら些細な事でも結構です、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ TEL047-407-8872 FAX047-407-8873
メールによるお問い合わせ


調査業務 / お問い合せ / サイトマップ / ポリシー
Copyright(c)2002 Rooten Co.,Ltd All Right Reserved.